スポンサードリンク

エルメス 時計



エルメスは、世界中の多くの女性を魅了する高級ブランドです。1837年にフランスのパリで創業したエルメスは、高級馬具店として出発しました。自動車が開発され馬車の衰退を予見したエルメスは、早くからバック、財布、鞄などの皮革製品に事業の軸足を移しました。今や、エルメスのブランド力は、知名度や人気において他を圧倒しています。

エルメスのモノ作りのポリシーは、「美しい作品には、機能が伴っていなければならない」ということです。エルメスの商品は、職人気質による高度な技術にこだわり、高い品質は常に本物であり続けます。耐久性があり、なおかつ実用的であるエルメスブランドは、しかもエレガントでなければなりません。エルメスブランドの時計においても、それぞれにエルメス独自の価値観・メッセージが込められています。

エルメスの時計には、腕時計のベルトに革メーカーとしての技術、歴史が込められています。エルメスの時計作りの始まりは、皮革製品専門ブランドとして、1927年に皮革製ストラップが付いた腕時計を発売したところにさかのぼります。本格的な時計製作を初めるため、1978年、スイスのピエンヌに時計専門の子会社「ラ・モントル・エルメス社」を設立しました。以来、パリのエスプリ溢れたエルメス独自のデザインとスイスが誇る時計製造技術とが融合され、オリジナリティにあふれるエルメスの時計モデルが次々と生み出されています。

さり気ないエレガントを漂わせる「クリッパー」シリーズは、9世紀の帆船の窓を模した文字盤と、ブレス部分に「H」をあしらいシンプルで着る物を選びません。ケリーバッグの正面に用いられている南京錠と同じ形の文字盤をあしらった「ケリー」シリーズは、女性の手首にぴったりとフィットし、より女性らしさをアピールすることができます。「H」を模した長方形の文字盤が特徴的な「Hウォッチ」シリーズなど、エルメスの時計は斬新なデザインと、エルメスならではの色や質感が上質で魅力的です。エルメスの時計は、風格と存在感を持ち、かつエレガントな魅力にあふれています。




posted by 御洒落工房 at 15:05 | エルメス

スポンサードリンク

エルメス バーキン



高級ブランドの中でも、他を寄せ付けない品格を持つエルメス(HERMES)。エルメスの始まりは、1837年パリにティエリ・エルメスが開業した高級馬具の製造工房からです。エルメスは、馬具製作のノウハウをもとに、バックや財布などの皮革製品に事業を転換していきました。このことが、現在のエルメスの成功につながっています。

エルメスバックの中で、ケリーと並び称されるのが絶大な人気を誇るバーキンです。バーキンは、エルメスを代表する高級バッグとして、世界中の人々の憧れの的となっています。エルメスのバーキンは、サック・オータクロアを原型に作成されたバッグです。しかしバーキンの機能的で美しいバッグのデザインは、またたく間に原型であったサック・オータクロアの人気を追い抜き、ヨーロッパをはじめ世界中を魅了し、エルメスバーキンのブームを巻き起こしました。

エルメスのバーキンは、5代目社長ジャン・ルイ・デュマ・エルメスが、たまたま乗った飛行機の中で、フランスで活躍をする人気女優であったジェーン・バーキンと出会ったことにより誕生したというエピソードがあります。そのとき、ジェーン・バーキンは仕事道具を、使いこんだ藤かごのバッグに詰めて持ち歩いていたそうです。不便そうに荷物を出し入れしているジェーン・バーキンの姿から、それを見た当時のエルメス社長が、「エルメスが理想のバッグを作る」と提案すると、彼女が快諾し、自分の理想に近いバッグの製作をエルメスにオーダーしたことに由来しています。ジェーン・バーキンのリクエストに応える形で、容量はたっぷりでありながらも整理が簡単に行える機能的で丈夫なバッグ、エルメスバーキンが完成しました。

持ち手がバック上部の両側から挟むように取り付けられ安定感、頑丈さ、収納力、機能性を兼ね備えています。エルメスのバーキンは種類や、色、素材も豊富で、他社のブランドバッグよりも高額であり、廃盤モデルや希少モデルによっては一層高額なプレミア価格が設定されているものもあります。持つ者にステイタスを与えるエルメスのバーキンは、世代を超えて世界中のセレブをはじめ、多くの人々に愛され続けています。


posted by 御洒落工房 at 18:24 | エルメス

スポンサードリンク

エルメス 財布



エルメス(HERMES)は、数々の高級ブランドの中でも、一際格の違う超高級ブランドです。エルメスに憧れる女性は、世界中にたくさんいます。しかし、セレブでもなければ、簡単に手を出せないブランドがエルメスです。エルメス社の母体になったのは、ティエリ・エルメスが、1837年にフランスのパリ・ランパール通りで開いた高級馬具工房です。当時は、ナポレオン3世やロシア皇帝などを顧客として発展していました。その後、自動車の発展による馬車の衰退を予見して、馬具作りの経験を生かし、鞄や財布などの皮革製品に事業の軸足を移して成功しました。

エルメスの魅力は、熟練の職人による手作りの品質に徹底的にこだわりを見せるところにあります。エルメスの製品は、ハンドメイドの気品に溢れています。エルメスの財布は、他のブランドと比べてみても非常に高額ですが、高い技術力に裏打ちされ、機能性に富んだ完成度の高い製品となっています。スマートで落ち着きがありながら、華やかさを合わせ持ち、クオリティが高い逸品揃いです。

エルメスの財布が高価な理由としては、製品に使われる厳選された革の素材があります。エルメスでは、「革保管部」という専門部署で財布の素材である皮が保存されていて、世界中から上質の革だけが集められています。「革保管部」では、温度や湿度に細心の注意を払い、厳選された上質の革が保存されているのです。こうした高級素材に職人の手が入り、エルメスの財布が仕上げられています。

エルメスの財布の代表的な物に、ベアンとドゴンがあります。エルメスの財布ドゴンは、やや丸く柔らかな雄の子牛の革の質感が特徴の財布で、コインケースも出されています。年齢や性別を問わず長く使い続けられるデザインで、最近では、コンビカラーのアイテムも登場しました。シンプルなデザインとHの金具が特徴のベアンは、エルメスの財布の伝統的なアイテムです。2つ折りの長財布タイプと3つ折りタイプがあり、素材やカラーによって、エレガントにもカジュアルにも表情が変わるのが魅力です。エルメスの財布ベアンのシリーズは、財布以外にもカードケース、コインケース、キーケースもあり、値段によっては手に入りやすくなっています。 他にも、アザップ、エールライン、フールトゥなどエルメスの財布には魅力的な一品が揃っています。


posted by 御洒落工房 at 19:32 | エルメス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。