スポンサードリンク

ルイ ヴィトン 長財布



ルイ ヴィトン長財布は、収納力が充実していて、長く使うことができる耐久性を持っています。また素材の使い方へのこだわりもあり、エナメル加工されたパテントレザーや、明るい色合いのマルチカラーキャンバスなど、個性的なものが揃っています。洗練されたデザインは、爽やかでシンプルでありながら、華やかさも合わせ持ちます。なおかつルイ ヴィトン長財布は一般の人でも手の届きやすいものとして、世界中の人々に愛されてきました。

使い勝手が良いようにデザインされたルイ ヴィトン財布は、アコーディオンのように大きく開くようになっていたり、ポケットなどの収納部が多く付いていたりと考えられています。色柄の種類が多いことでも定評があり、黒、白、茶、黄、ピンク、マルチカラー、パンダ、マンダリン、パープルなどがあります。形状の特徴別に見ると折財布、がま口折財布、ダブルホック折財布、二つ折長財布、三つ折長財布などが人気です。他に、アコルディオン・チェーン付き長財布などがあり、これも普段使いできるように、広々と使えるように工夫がされています。

ルイ ヴィトンの長財布と言うと、大人の持ちもの、という印象でしたが、今では老若男女問わず、幅広い年齢層から好支持を得ています。特にモノグラムの、カード用ポケット付きの長財布に人気があります。ラウンドファスナーと呼ばれる長財布も、お金が簡単に出せて、お金やカードの管理もしっかりでき好評です。若い女性達を中心に人気があるのが、マルチカラーの長財布です。多彩な33色もの色を使った花柄や星のモチーフと白や黒の地色が、とてもかわいくおしゃれな財布です。ルイ ヴィトンの製品は、長財布だけでなくモノグラムがとても人気があります。使い込むほどに味が出るルイ ヴィトンは、他のシリーズにも隠れた逸品がたくさんあるのでオフィシャル・ホームページなどを見てみるのも楽しいと思います。




posted by 御洒落工房 at 16:07 | ルイ ヴィトン

スポンサードリンク

ルイ ヴィトン 新作



ルイ ヴィトンの新作チェックをしている人は、日本に限らず世界中に多いはずです。ルイ ヴィトンの新作は注目されるがゆえに、中にはその人気を利用しようという人も出てきます。ルイ ヴィトンの新作が発表され、店頭に並ぶや否や買い占めてしまうのです。買い占めることにより市場に流通する量が減って、価格が高騰した時を見計らって転売する、というやり方をするのです。

特に、有名なデザイナーとコラボレートしたものなどには、高いプレミアが付きます。そのために、転売目的で購入する人が後を絶たない状況です。常にファンを、釘付けにしてしまうルイ ヴィトンの新作。人気がありすぎる、それゆえの宿命といえるのかもしれません。

ルイ ヴィトンの新作のチェックは、ルイ ヴィトンのオフィシャル・ホームページやメールマガジン、直営店などで行えます。オフィシャル・ホームページから依頼できるメールマガジンは、内容も濃くてオススメです。

2009年春・夏のルイ ヴィトンの新作を、何点か紹介しましょう。モノグラム・ヴェルニ「ベルヴューPM」は、逆台形型の特徴的なフォルムのすっきりとしたデザインです。「LOUIS VUITTON」シグネチャーが入ったメタルプレートがワンポイントで、コンパクトながらも収納力抜群です。「トータリーPM 」は、肩掛けが可能な使いやすいデザインで、バッグチャームやバンドーなどと合わせると違った雰囲気になります。通勤・通学などその日のスタイルに合わせてコーディネートを楽しめ人気を集めています。モノグラムデニムライン「ネオカビィMM」は、A4書類も収納でき普段使いに最適です。高度なヴィンテージ加工が施されたデニム生地にモノグラム模様が浮かび上がります。


posted by 御洒落工房 at 22:19 | ルイ ヴィトン

スポンサードリンク

ルイ ヴィトン モノグラム



ルイ・ヴィトンのモノグラムは、ブランドにそれほど興味のない人でもすぐにヴィトンだとわかるモチーフです。創業者であるルイ・ヴィトンのイニシャル「L」と「V」を重ね合わせた幾何学文様を、キャンバスに使用しているのが特徴です。上品で飽きの来ないデザインとともに、耐水性と傷つきにくさも兼ね備えています。モノグラムとは、頭文字など二つ以上の文字を組み合わせて図案化したもので、ロゴタイプとして使われることが多くあります日本では、モノグラムという言葉自体が、ルイ・ヴィトンを代表する商品ラインナップとして知られています。1888年に発表されたダミエ・ラインの偽物が、早くも出回ったことから、偽物に対抗するための商品が作られました。

1896年、2代目のジョルジュ・ヴィトンの考案で新たに打ち出されたのが、創始者ルイ・ヴィトンの「LV」のイニシャルに、星と花を組み合わせたモノグラム・モチーフです。モノグラム・モチーフは、当時パリで流行していたジャポニスムの影響下で、日本の家紋からインスピレーションを受けて生み出されたものとも言われています。発売当時のモノグラム・モチーフは、現在のようなプリントではなかったそうです。職人の手により一つ々手描きで描かれ、その職人の尽力により、ルイ ヴィトンの偽物は激減したと言います。

1998年、モノグラム・ヴェルニが発表され、上質なカーフスキンをエナメル加工し、ルイ・ヴィトンのモノグラムモチーフを型押ししたものは世界中で大ヒットしました。2000年にはモノグラム・ミニキャンパス、2001年はマーク・ジェイコブスとスティーブン・スブラウスがデザインしたモノグラム・グラフィティが発表されています。2002年には、ツヤ感のある上質素材とモノグラムのコンビのマット・モノグラム、2003年は村上隆とコラボしたモノグラム・マルチカラー、などが次々発表されています。

100年以上も前に職人たちの手で、生み出されたモノグラム・モチーフ。時代を超え、さまざまな表情を見せるモノグラムは、現代に生きる人々をも変わらずに、魅了し続けているのです。


posted by 御洒落工房 at 23:20 | ルイ ヴィトン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。