スポンサードリンク

エルメス バッグ



エルメスの歴史は、1837年のフランスから始まります。パリにあるランパール通りに、ティエリ・エルメスが高級馬具の製造工房を開業したことから、現在のエルメスの歴史は始まったのです。エルメスの本店は、現在は、パリのフォーブル・サントノーレ24番地にあります。エルメスは、その歴史から馬具作りの経験を生かし、女性用のバッグや財布を手がけるようになりました。王国貴族を始め、エルメスには多くのファンがいます。エルメスバッグの魅力は、選び抜かれた素材と、豊富なカラーバリエーションにあります。

エルメスのバッグの中でも、ひときわ人気が高いものにケリー・バッグがあります。ハリウッド女優からモナコ王妃になった「グレース・ケリー」が、懐妊の時にお腹を隠すために使ったのがケリー・バッグです。当時は「サック・ア・クロア」という名前でしたが、グレース・ケリーにより有名になったバックは、1955年に現在の「ケリーバッグ」と改名されました。気品漂うケリー・バッグは、カラーや素材などバリエーションも豊富で、長い時を経ても世の女性を魅了し続けています。

エルメスのバッグで、もう一つ忘れてはならないものが「バーキン」です。フランスの女優であり歌手のジェーン・バーキンが、飛行機の中で偶然、当時のエルメス社社長と隣り合わせになったことがきっかけになって生まれたバックが「バーキン」です。ジェーン・バーキンが、エルメス社社長に要望した小さめの旅行バッグが取り入れられて製品になったいう経緯があります。その他にもエルメスのバッグには、ガーデンパーティやエールライン・フールトゥなど数多くのバックがあります。エルメスのバッグは、値段も高くなかなか簡単に手が出せるものではありません。お洒落なアイテムを越えて、エルメスのバッグを持つことは一つのステータスにまでなっています。

エルメスのバッグが高い理由は、厳選された素材と多大な手間と技術により作られることにあります。バッグに使用される革は、世界中から上質の革が取り寄せられ、温度や湿度に細心の注意を払い「革保管部」という部署で保存されます。エルメスのバッグに使われるのは、革のなかでも丈夫なバット部分だけに限られています。この牛革は、1万頭の中からわずか30枚ほどしかとれない無傷なもののみが使われています。また、縫製もクウジュ・セリエという縫製法を用いて、一人の職人によりバッグのすべてが作られます。このような素材や作り方への拘りもあって、エルメスのバッグの高価な理由の一つになっています。




posted by 御洒落工房 at 14:12 | エルメス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。